11 年 03 月の表示

2011-03-31

ほとんど平常に戻った

 一昨日まで、スタンドの前に行列を作っていたお客様が、昨日はほとんどといって いい程並んではいなかったようだ。マサルちゃんのところの燃料不足も終息に近づい ていることの現われでしょう。この度の予期しない燃料不足では、大きな打撃はな かったものの、考えさせられた部分が多くあります。輸入に頼らないエネルギーの活 用開発が進むような感じがします。電気自動車や水素を使ったエンジン、バイオ燃料 や天然ガス車両などなど。自動車社会があまりにも化石燃料に依存してきた結果なの かな?なんて感じました。電気の供給に関しても考え方の方向性が変わってくるかも しれません。よりいっそうの自然エネルギーの活用に向いてくるかもしれません。  昨日、仙台の業者から、やっと営業が出来ました、と電話がありました。まだガスは 使えないそうですが、電気と水道は使えるそうです。裏日本にある山形は、直撃は免 れましたが、大きな天災の爪あとは深く残りました、と同時に大きな教訓を残したよ うに思います。   3月も大詰めです、だいぶ雪も解けて春らしくなって来ました が遅い春で、何もかもが遅れているようです。4月はだいぶ暖かくなりそうです、今 年の春は短い春でしょうか?


Posted by kudou at 06:29 | links(0) | TrackBacks(0) | Comments(0) | 0 |
Map for this entry
Categry for this entry
Links for this entry
TrackBack URL for this entry
http://yumeblog.dip.jp/kudou/1103310629.htm
TrackBacks for this entry(list)
Comments for this entry(list)
Post a comment for this entry